選択制401k(選択制確定拠出年金)では、掛金を運用することができます。

運用商品には定期預金投資信託あります。

定期預金は、元本が保証されますが、投資信託に比べ、利率が低いのが特徴です。

定期預金の場合、値下がりすることはありませんが、

投資信託の場合は、値下がりすることがあります。

投資信託は値下がりするというリスキーな面がある分、利率の低い定期預金より、

運用益は大きくなる傾向にあります。

 

運用というと、値下がり=元本割れとイメージしがちですが、

選択制401kは、積み立てた年金資産を一括投資するのではなく、

毎月拠出する掛金で投資する積立投資です。

積立投資と聞いてよくわからないな?という方もいらっしゃると思います。

リンゴが大好きなK子ちゃんでシミュレーションをしていきましょう。

K子ちゃんの場合

  • K子ちゃんは、毎日00円のお小遣いを貰います。
  • そのお小遣いで、5日間大好きなリンゴを買えるだけ買います。

K子ちゃんの場合K子ちゃん 表

1日目の200円を基準として5日間見ていくと、2・3・4日目はリンゴが値下がりしています。

しかし、4・5日目でリンゴの価格が回復し、5日目には基準の200円まで戻っています。

損得状況も4・5日目でプラスに変わり、5日目はプラス1,000円になりました。

つまり、値下がりはしたものの、当初の価格に回復するだけで利益が出たことになります。

まとめ

⚠掛金を投資信託で運用すると値下がりすることがあります。

しかし、選択制401kの掛金の運用は積立投資のため、

値下がり後に少し値上がりするだけで黒字になり、

当初の価格に回復すると大きな利益が見込めます。